賃貸アパート退去時のリノベーションについて
こんにちは。賃貸アパート退去時のリノベーションについてアドバイスいただければ幸いです。

来月、Düsseldorfのフラットを引き払い、ドイツ国内への引越をいたします。
或る引越業者さんが見積もりの際に教えてくださったところでは、ドイツの賃貸物件は使用期間が短くても壁の塗りなおしが必須で、占有面積 85平方メートルの場合の相場では、3000€ 強のリノベーション費用がかかるだろうとのこと。
しかし、私共は一年少しの居住で特段の汚れは見当たらず、塗り直しが必要な状態とは思えません。
不要な出費はなるべく抑えたいと思っております。
壁塗り直しその他の不要な工程を避けて費用を抑える方法をご教授いただけないでしょうか。

今後、大家さん側に室内の現状を見てもらって、どのようにリノベーションするかの話し合いを持つ予定です。
なお、契約書をみると;
Übergabe renovierter Mieträume
Der Mieter verpflichtet sich, während der Mietzeit auf seine Kosten Schönheitsreparaturen in den Mieträumen fachgerecht auszuführen bzw. ausführen zu lassen. Schönheitsreparaturen umfassen das Tapezieren, Anstreichen der Wände und Decken, das Streichen der Fußböden, Heizkörper einschließlich Heizrohre, der Innentüren sowie der Fenster und Außentüren von innen.
と記載があり、先方の指定業者と言い値ではがっつりと取られてしまうのではないかと危惧しているところです。

よろしくお願いいたします。
  • CH-M
  • MAIL
  • 2019/07/21 (Sun) 14:57:30

返信フォーム






プレビュー (投稿前に内容を確認)